バイオハザードのパチスロの特徴

バイオハザードのパチスロの特徴

「バイオハザード」は、シリーズになっているカプコンの人気ゲームですが、パチスロにもバイオハザードが存在します。
2008年の7月、「バイオハザードシリーズ」の第一作をモチーフに山佐から登場しました。
「洋館」と「研究所」のそれぞれのステージで、共通のものから異なるものまでバリエーションに富んだ演出を楽しむことができます。
演出が楽しみなのは、なんと言ってもボーナス獲得への道につながっているからですよね。
ボーナスと言えば、バイオハザードの機械割は119パーセントで、これは5号機の中で一番上のグループに入ります。
これは大きな魅力ですね。
バイオハザードのボーナスの種類は二種類。
・青BARの図柄を揃える⇒平均80枚(REGボーナス)
・赤BARの図柄を揃える⇒平均342枚(BIGボーナス)
となっています。
しかし、これだけでは終わりません。
パチスロ版バイオハザードの目玉は、「ART」にあります。
ちなみに、REGボーナスの場合、BIGボーナスの場合よりもARTに突入する確率が高いです。
ARTでは、一度の当選が10セットを上回る場合もあります。
さらに、無制限ARTなるものも存在します。
これはBIGボーナスの場合の50パーセントの抽選まで継続するという「無制限」の言葉通りのすばらしいものです。

ARTに突入できる方法を身につけたら、バイオハザードを攻略できたと言ってもいいでしょう。
大量メダルの魅力にとりつかれてバイオハザードにハマる人も多いです。

関連ページ

エヴァンゲリオンのパチスロの特徴
パチスロをしていて楽しいのは、やはり勝っているときでしょうか。負けていても次こそは、とついついやってしまいますね。機種によって設定なども異なり、攻略法が変わってくるのはご存知ですか?機種別にしっかり攻略しましょう。
キン肉マンのパチスロの特徴
パチスロをしていて楽しいのは、やはり勝っているときでしょうか。負けていても次こそは、とついついやってしまいますね。機種によって設定なども異なり、攻略法が変わってくるのはご存知ですか?機種別にしっかり攻略しましょう。
ジャグラーのパチスロの特徴
パチスロをしていて楽しいのは、やはり勝っているときでしょうか。負けていても次こそは、とついついやってしまいますね。機種によって設定なども異なり、攻略法が変わってくるのはご存知ですか?機種別にしっかり攻略しましょう。
パチスロの名機と北斗の拳
パチスロをしていて楽しいのは、やはり勝っているときでしょうか。負けていても次こそは、とついついやってしまいますね。機種によって設定なども異なり、攻略法が変わってくるのはご存知ですか?機種別にしっかり攻略しましょう。